2016年11月10日木曜日

matzさん 恵那ライド2016でヒィヒィしてきましたw (後編)

前回からの続きです。

ゆずの里でたこ焼きを食べて

リキさん、gottuさんのおごりw ありがとうございました。この後、恵那方面・大井ダムに向かって走っていきますが、

matzさん・Naoさん・gottuさんが飛ばす飛ばすw

すぐにヒィヒィw いやになっちゃうw 細い道に入り、やっとペースが落ちてきた頃、

おお!新旅足橋!
そして大井ダムが見えてきました

このダムは2回ほど近くを走ったことがありますが、今回はその上を通るということで楽しみにしてましたが、

え?こんな狭いところを通るの?

しかもしっかりと登り坂w さすがはmatzさん、要所要所に坂をぶち込んできますなw と思っていたら・・

坂どころじゃない・・壁だw

通路は狭いし斜度もあり、とてもじゃないが自転車に乗ったまま登れません・・。さすがはmatzさん、要所要所に激坂をぶち込んできますなw しかも歩きで脚の違うところが痛いぞw

やっと・・ダムの頂上?に到着
大きなコンクリートダムです

このダムの上は通路になっていて、自由に往来できるみたい。ただ自転車は押して歩いてくださいとのことでしたので、

降りて歩きます(通路は狭いです)
左手にはダム湖

なかなか面白い経験をさせてもらいましたが・・matzさんのごちそう坂はまだまだこれからw

いきなりの坂!(この後激坂が続いた・・)
そしてダート!
そしてまた坂!

も、もう脚パンパン ヒィヒィなんですがw なんかもうボロボロになって・・

フジクックに到着

ここでは前回食べ損ねた、

えなハヤシ

大盛りの器を使うのを忘れてお腹が満たされたいので・・

カレーも追加(食べかけですみません)

ああ~よく食べたw もうこのまま寝たいけど、matzさんが許してくれませんw(嘘) なんとスイーツの投入もあるということで、

恵那 大津屋

なんでもここには賞味期限2時間の「栗粉餅」というものがあるそうで・・

栗粉餅

薄いそぼろ状の黄色をしているのが栗粉、それに砂糖が混ざっています。

おいしい・・けど、正直言って上品すぎて甘~い補給食やドリンクに慣れてしまってる舌には味薄くない?と感じてしまう(^_^;) お腹をすかせて、味覚をリセットしてから食べるのがいいかもw

この後は国道を避け、matzさんお得意の走りやすい裏道を通っていきました。

ややペースは速いが(僕にとって)w
いい感じの道です
モーニングで寄った「きなぁた瑞浪」で休憩・・ホッとするw

さあ、道の駅までここから10kmぐらい。あと少しで帰れると思いつつも確かこの辺は坂ばかりだったよな?と嫌な予感が・・

当たり!ヒィヒィ・・
ヒィヒィ!
トドメは道の駅手前の国道坂!ヒィ・・(うるさい)


ボロボロになって道の駅に到着しました。

いやあ~matzさんの恵那ライドは過酷だとわかっていても走ってみるとやっぱり過酷w

でもお腹も満たされるし、景色もいいしまた来年も走りたいな、と思わせる魅力があるコースなのです。念のため言っておきますが「ヒィヒィ言いに」行きたいわけじゃないですよw

matzさん、過酷なコースをありがとうございましたw 参加された皆様もお疲れさまでした!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

4 件のコメント:

  1. チャップリン2016年11月10日 22:59

    ひろさん、こんばんは!

    ヒイヒイしたかったなぁ!栗子もちたべたかったなぁ!知らない道はしりたかったなぁ!


    ・・・・・・誰も誘ってくれないなんて。(T_T)「グスン!」

    と、ぎっくり腰?でベッドの中で涙ぐむワタクシがここに。

    返信削除
    返信
    1. おはようございます。
      ヒイヒイ好きなのですねw でもギックリ腰ではそれも出来ませんね。お大事に。

      削除
  2. このたびは【2016年 秋】恵那ライドにご参加、ありがとうございました!

    カレーにハヤシ
    なんでも大盛好きなひろさんには、峠の盛りが少なかったようで、反省しております。
    この反省は次に活かしておきますので、どうぞ次回をご期待ください。

    あと僕にはハヤシにカレーのオカワリはキツイので
    次回、合いがけができないものか?訊いてみようと思いますw

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございました。

      ご飯の大盛りは好きですが、峠は小盛りでけっこうですw
      こっそりハヤシのルーにカレーを混ぜればいいんですよw 新しい名物として歓迎されるかもしれませんw

      削除

コメント投稿出来ない場合はコメントの記入者の『名前/URL』を選択してください。