スキップしてメイン コンテンツに移動

落車しそうになった(^_^;) その原因は・・

今朝は少し雨が降っていたものの、すぐに晴れてくるということだったのでジテツウ。どんどん暖かく、緑が濃くなってくるのを実感できます。


サイクリングロードでキジ発見!

話は遡りますが11日の帰宅時、ヒヤッとした出来事が!それは職場近くの市道を走っていた時のこと・・



この瞬間は「なんで!?」としか思えませんでした。このビデオを一回見ただけで原因が分かる人はかなりの動体視力の持ち主では?

何かを踏んだことはすぐ理解できましたが、路面に異物が落ちているように見えなかったし・・

前輪が何かを踏み、後輪もそれに乗り上げた瞬間、バランスを崩し転びそうになりました。ビデオで見てもかなり大きくよろけていることがわかりますね。

今思えば・・後ろから車が来ていたら、撥ねられていたかも・・恐ろしい。


ではスロー再生でもう一度・・




原因分かりましたか?

そう、白線の上にアスファルトと同じような色の大きな石があったんです。

この時はペイント(白線)のひび割れだと思ってたぞw

静止画でもどうぞw

前述のとおり、ただの白線のひび割れで石が落ちているなんて思ってもいなかったので、完全に不意をつかれました。幸い、バイク・ホイールも自分自身も無事でしたが、ゾッとする出来事でしたね。

いつも前を見て落下物等には気をつけて走っていますが、「見えなかった物」はどうしようもなかった・・

まあ、今後はより注意して走るようにはしますが・・外に出て乗り物に乗る以上、不可避と言っていい事故・事件はいつ自分に襲いかかるかわからん・・ということですね(´・ω・`)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント

  1. こんなこともあるんですよね。
    ぼくも白線の上をトレースして走ることがよくあるので,気をつけなきゃ。

    ぼくが去年2回目に転んだときには,マンホールの段差がまったく見えていませんでした。この,見えない危険に対してはどう対処すればいいのか…。

    返信削除
    返信
    1. この類の話をするとゆっくり走っていれば石が見えたはずだ、とかマンホールの上を通らなければ良かったとか結果論をいう方は絶対いると思うんですが、気をつけていても「見えない・見えなかった、どうしようも危険」は存在するんですよね。

      今回僕が落車しなかったのはハンドルをしっかり握って(この時は下ハン)いたおかげだと思います。後ろから車が来ていなかったのは運だと思いますが・・

      もし不意に何か踏んでも乗り上げても、出来るだけ対処出来るように力を入れるべきところには入れておく、ってことしかないのではないでしょうか?

      偉そうな事書いてしまいましたが、次回僕が落車しない保証はありません(笑)

      削除
  2. これは危なかったですね(汗)

    白線上・・とゆーか、道路脇に石(異物)って案外ありますよね! ロードバイクに乗るようになってから、今まで気が付かなかった車道の汚さを知りました(-.-)

    後方から車が来ていなくてホントよかったです。
    お互い事故には気をつけましょうね~\(^o^)/

    返信削除
    返信
    1. 久々に冷汗かきました(^_^;)
      理想は車のタイヤが通る部分を走ることなんですよね、なぜって道路上で一番クリーンな部分ですから・・でも車の邪魔になるしw

      ホント、車が来なくて助かりました。お互い事故には遭いたくないですよね~。

      削除

コメントを投稿

コメント投稿出来ない場合はコメントの記入者の『名前/URL』を選択してください。