スキップしてメイン コンテンツに移動

ガーミンコネクトで作成したコースをルートラボにインポートすると・・(共有できるし標高データが反映される) (長いタイトルw)

GARMIN Edge810Jを購入して以来、走ったことのない道を案内というか、トレースしながら走れるのでとても重宝しています。

奮発しちゃったなあ・・


コースデータを作成するにあたって、僕はガーミンコネクトを使用しているのですが、これがまた使いやすくて個人的にはルートラボよりずっといいと思っています。


ガーミンコネクトの特徴

・Googleマップでルートが引ける(細い林道も載っている)
・一度描いたルートの修正がしやすい
・データのEdgeへの転送が簡単

ルートラボの特徴

・コースデータの共有が容易
・コースプロフィール(獲得標高・時間)が見やすい


ガーミンコネクトは優れていると思うのです・・が、一つ気に入らないというか明らかな欠陥だと思うのですが、コースの標高がEdgeに反映されないんですね。

ガーミンコネクト上ではコースの起伏がしっかり表示されているのに、Edgeに転送すると見事な平坦ルートw これでは走っているときにどのような勾配が続くのか、終わるのか分かりません。

対してルートラボで作成したGPXファイルではきちんと反映されます。ただルートラボで使用されている地図は細い道を表示してくれないので、林道好きな僕としては使えません。

と、ここでひらめきました!大したことじゃないけど。

ガーミンコネクトでルートを作成し、それをGPXファイルにエクスポート。そのGPXファイルをルートラボにインポートし、ルートラボでGPXファイルをエクスポートすれば、坂の勾配が反映されるのではないか?

そんなこと常識だぜ!という方は読み飛ばしてくださいw

忘れっぽい僕の備忘録として書いておきたいと思います。

コース作成後、南京錠のようなアイコンをクリックして共有ONにします
次に共有をクリック
次にメールをクリック

するとURLが記載されたウィンドウが開きますので・・

URL最後の数字(7桁程度)をメモなどします

ここでガーミンコネクトはこのままの状態にしておいて・・

書き出したいデータ形式に合わせて下記のURLの最後に先ほどの数字を加えます(xxxxxxxの部分)。

FIT: http://connect.garmin.com/proxy/course-service-1.0/fit/course/xxxxxxx
TCX: http://connect.garmin.com/proxy/course-service-1.0/tcx/course/xxxxxxx
GPX: http://connect.garmin.com/proxy/course-service-1.0/gpx/course/xxxxxxx

数字を加えたURLをブラウザで開くと、

名前を付けて保存となるので・・

拡張子(今回は.gpx)を加えた後、保存します。

そのファイルをルートラボにインポートし、コースを保存してから再びエクスポートすると・・

標高データが反映されたファイルが出来上がります!

もちろん、ルートラボのコースとして共有することもできますね。実際僕は今はこうしてます。


おっと、ガーミンコネクトのデータを共有したくない方は共有OFFにする(南京錠アイコンをクリック)のをお忘れなくw


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント