スキップしてメイン コンテンツに移動

matzさんの「坂いっぱい登ってモーニング♪」に参加しましたw (前編)

今日はmatzさんの「坂いっぱい登ってモーニング♪」ライドに参加させていただきました。

なお、タイトルへのクレームは受け付けませんw

瀬戸しなのに6時集合です

今回は、KOUさん・gottuさん・NAO-TCRさん・こうぞうさん・僕が参加です。

NAO-TCRさんは前日に淡路島を日帰りで150kmぐらい走ってのご参加です。お好きですねw

gottuさんのニューバイク

僕とCXCOMPと同じMASI製ですって。こんなのも作っていたのね。

が、ここでmatzさんから驚愕の事実が!なんと雨沢峠を走るって!

いやあぁ~(´;ω;`)ウゥゥ


matzさんを先頭にいきなり坂です!

いくつかの坂を登ったあとついに・・

ブログで見覚えのあるいやな光景・・

見てください!matzさんの満面の笑みを!もうしてやったりという表情w

いや、誤解されないように書きますがmatzさんは速くて優しくてリサーチ上手なナイスガイなんですよ。

ただ、坂で皆を苦しませることが好き。ちょっと"S"なだけですww


ま、とにかくここを越えなければ今日のモーニングにはありつけません。

雨沢峠は全く初めての僕。どうなることやら・・

みんなとゆっくりめでスタートします
序盤はゆるめの斜度のようですね?
こんな感じがしばらく続きます

だんだん斜度がきつくなってきて・・

matzさんは遠くに(´;ω;`)ウッ…

今日はくそ重いCXCOMPで来ていたので、なんか後ろに引っ張られているみたいだぞw

でも、二之瀬に比べたら斜度が緩いところもあり、休みどころは多いですね?結局コースプロフィールがよくつかめぬまま淡々と登っていたら・・

おお!ブログでよく見る電波塔だw

二度と来ることはないと思いますがw 一応タイムは・・

23分21秒?

遅いんでしょうかね?よくわかりませんw

車もよく通って疲れましたね
峠に似つかわしくないバイクだw

休憩した後は、「世界一の狛犬」まで走ります。

下り基調~♪
狛犬ですw
小学生?が作ったという狛犬も・・
世界一という茶壺

KOUさんがとても興味ありげにご覧になってましたね。

さあ、この後もモーニングを食べる「きなぁた瑞浪」を目指します。

ステキな川沿いを走り・・
きなぁた瑞浪に到着

どうやら、朝食&バイキングをいただけるのは併設するダイニングさくらみたいですね?

なんと、和洋二種類のモーニングが500円!
和朝食@500をいただきました

ドリンクは野菜ジュース・お茶・コーヒーなど飲み放題。もう近所の奥様方にも大人気ですw

併設する直売所でオクラと牛蒡買っちゃったw

さあ、おなかを満たした後は・・

またのんびりと・・走り・・
大力屋に寄って
三色だんご(秋バージョン)をいただくw
ほかにもおいしそうな品がいっぱいw

さあ、おなかも膨れたし・・のんびり帰るだけですねw

が!

この後、matzさんの"S属性"が発動するのですw

地獄の後編に続くw


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント

  1. 異議あり!www

    返信削除
    返信
    1. むむ!異議あり・・とはw
      心配しないでください。この後、ちゃんと「真実」を書きますからww

      削除
  2. ひろさん、こんばんは。
    初雨沢、初狛犬・・・一度は行ってみたいと思っていたので行くことができてうれしかったです。
    坂で皆さんをお待たせするという、いつも通りでしたが・・・ごめんね。
    途中までは想定内だったんですがね・・・

    返信削除
    返信
    1. こんばんは!
      いやいや疲れましたねw KOUさんは遅くなかったですよ。言い方悪いですが、正直もっと遅いかと思ってましたw とくに平地巡行はすぐ抜かされると思います。
      またよろしくお願いします!

      削除
  3. お疲れ様でした。そして雨沢峠デビューおめでとうございます!
    雨沢峠から狛犬方面は地味な坂が連続しているので足が持ちません笑
    それでも走る理由は日本原風景的な景観だったり(^_^;)
    東濃エリアはこれからもっとも賑やかな季節になりますね!

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。ただ、坂は嫌いなのでデビューではなくこれを最初で最後にしたいと思っています(笑)
      確かに風景は良き田舎のようないい感じだった気がします・・というのは高速列車で風景など楽しむ余裕すらありませんw

      削除

コメントを投稿

コメント投稿出来ない場合はコメントの記入者の『名前/URL』を選択してください。